猫と一緒にお前も飼わせてくれ

自分メモのゆる備忘録。好きなものこととか色々入り乱れ書き殴り

パスワードは・・・XXX

 

光の中で夢を見ていた

懐かしい記憶

暖かくて幸せな記憶

だけど名前も顔も もう思い出せないの

痛むはずのない心が、ちくりとした気がするのは どうしてだろう

 

 

これはアンドロイドくんと、飼い主(そんな呼び方でいいのか)のお話です。Song By Program Me / 福山潤

 

 

3,2,1 Wake up 

『Hello』『ねぇ』『どうか』『触って』

『僕の』『初めての』『恋人』

Touch Touch Touch Program Me

 

 

 

 

僕の唇がスイッチ 押してください

あなたの名前を知りたい 一番優しい言葉を教えて

僕の事は好きに呼んで 好きにしてみて

あなたの声なら どんな名前でも 懐かしい

Touch Touch Touch Program Me

僕は起きる 愛の音を目覚ましに

 

 

 

スイッチで起動するアンドロイドくん

 

「Wake up」「僕は起きる」

単純な眠りからの目覚めというよりは、それこそ文字通りの「起動」だろう。

 

「あなたの声ならどんな名前でも懐かしい」というフレーズから思うのは、アンドロイドくんは誰かと時間を過ごすのが初めてではないということ

 

ドラえもん的に曲の中の世界線では普及している子供が成長するまで友人のような立ち位置で面倒も見てくれるロボットで、その子が大人として自立していくにつれてだんだんと必要なくなり、最終的にはメモリを消されて工場に返される仕組みのものかもしれない。

もちろん役回り的にそういう感じだろうというだけで、ドラえもん程ゆたかに喋ったり遊んだりはしないと思うけれど。

 

 

 

 僕にはあなたとの世界しかないのだから あなたのすべてを教えて

 

というように多分家の外には出られないし、

基本的にすべて受け身

情報源のすべてが「あなた」に依存しているので。

 

誰かと過ごすのが初めてではないけれど、相手は曲中に出てくるあなたと同一人物かどうかは想像の余地がある所。どっちで考えても面白い。

薄れるメモリ  遠い記憶の中にあるのは幼いころのあなた・・

気まぐれか寂しさからか、大人になったあなたは、幼いころ共に過ごしたアンドロイドくんを起動させたのかもしれない。

 

全くの別人のところに派遣されていて消されたはずの古い記憶に何かが共鳴してしまう的設定もあり得るけど、同一人物の方が無情さや切ないさが格上だから私は同一人物説推しです。W

 

 あなたの幸せを知りたい 最初の笑顔は二人きりがいい

シチューを作るよ パンも焼く 早く帰ってきて

迎えに行こうか?行きたい

手と手つないでおうちに帰ろう

touch touch touch Program me

僕は囁く 好き大好き愛してる

きっと もっと ずっとしあわせになる

 

多くのオタクに「受けの曲にしか聞こえない」「わんこすぎてかわいい」などと言わしめた二番の歌詞

なんでもBL変換する腐女子ってやつぁ、ほんとにな・・。

 

CD買ったばかりで特に何も考えずに聞いていた時、なんだこのめちゃくそ甘ったるい曲は!

と思っていた私はこのすぐ後に崖から突き落とされて絶望する。

 

 辛くて悲しい夜にはベットにもぐろう

夢の手前で 話を聞かせて

あなたが何を見て何に笑い何をしてたか話して

僕にはあなたとの世界しかないのだから

 

 不穏な空気が漂い始める。

は、あなたを取り巻くそのすべてに、介入することが出来ない。

 

 僕は泣かないよ だからあなたも泣かないで

もしも もしも もしも僕より たいせつなものが出来たら

僕の唇に長く触れて あなたの唇でそっと触れて

温もりの中でゆっくり眠りに就くから

けれどお願いパスワードは変えないで

僕のお願い パスワードは二人の思い出

 

幸せいっぱいの極甘モードから一転、急下降。

「僕は泣かないよ」からの畳み掛けで絶対に泣く。

泣かない筈がない。苦しい。なんなんだこの曲ふざけんな。(救いがなくて切なくて号泣不可避な作品に対してなんなんだふざけんなと思いがち。すいません

 

何が切ないって未来形で言っていること。

ずっとはいられないこと 最後は離れなければならないこと

ずっと心のどこかにあって

いつか来ることと諦観を受け止め覚悟を持ちながら

あなたとの優しい時間に甘んじている。

そして来るその時に、分かっていたことだよと切なく笑うのだろうね・・

 

「僕は泣かないよ」って、微笑んで言ってくれるんだろうけれど、

多分物理的に「泣けない」んだろうなあ・・。ウッ・・。

 

ここで気になるのは「大切なものが出来たら」というフレーズ

対象を人に限定していないの

 

曲のリズム、主人公がアンドロイドであること 

色々その単語にしたことに理由つけられるけれど、やっぱり「もの」を選んだことに積極的に意味を探したくなる。

 

それは 夢とかやりたいこととか  

  だったりするかもしれないな、と思ったり。

 

うまくいかない日々に疲弊し寂しさを感じたあなたは、幼いころに一緒にすごしたを起動させる。

と充実した幸せな日々を過ごすことであなたは次第に満たされ、仕事や人間関係なんかも前向きに進み始める。

そして、と一緒では成し得ない希望的何かを見つけて。

泣きながら、ありがとうって・・・言うんだろうなあ・・・

(書きながらこっちが泣いてる)

 

 

パスワードは・・I LOVE U

『恋人』『僕の』『初めての』『どうか』『触って』『ねぇ』

Touch Touch Touch Program Me

1,2,3 …『good-bye』

 

 

結局あなたのスイッチを落とし、はまた長い眠りに就く。

メモリを呼び出すのにパスワードが必要であり、ここでパスワードを明らかにしたというのはつまりそういうことでしょう。

 

アンドロイドくんには数個だけ元々インプットされている単語があるようだけれど

イントロとアウトロで並び方が違うのは正しい並べ方を覚えたOR忘れることのメタファー

 

個人的にはインで呼び出されているので記憶は浅瀬ながら彼なりの正しい並べ方

アウトでパスワードにより眠りに落ちるため、

後者じゃないかな、と思う。

 

 

パスワード部分は曲中最大の深読みポイント   

「35.4℃」「0612」「I LOVE YOU」

 

ラストが簡潔な答えだとして前者ふたつ。

数字が大嫌いで数字を見ると吐き気を催してしまう体質の言うなれば数字アレルギーの私ですが(大嘘)

好奇心は旺盛ですので色々考えてみましたけれど。

さっぱりわかんねぇ。

 

数字の暗号を解くならばまずここからっていう定番推理でローマ字に置き換えたりもしたけど0をaとするか否かで変わってくるし、、

012はひっくり返してローマ字にできたりも・・んー6邪魔(おい)

盲点をついてひらがなでは?と置き換えてみたけれどアナグラムもクソもないような文字の羅列が。

そして立ちはだかる0.あああ。沼だ。底なし沼だ。だめだこれは。

 

0612と1126って似てるわなーとかぼんやり思いながら、結局全然核心に近づけず。

ここはすっきりと0612をそのまま日付として捉えてみましょう、

などと思い6月12日生まれの人の運勢とか調べちゃったよね。

何やってんだよ。

 

すこししっくりと来たのは6月12日が「恋人の日」であるらしいこと(しらんかった。)

ブラジルにおいて縁結びの聖人とされるアントニオの命日であることからきているらしい。

恋人同士が写真を交換し合うという私には関係のないイベントdayのようです。(血涙)

歌詞の中にも「恋人」ってワードが出てくるんだよねー。答えとしてはちょっと弱い気がするけれど・・。

 

それともう一つ「日記の日」でもあるらしい。

アンドロイドくんを語るに際して外せない「メモリ」=記憶媒体。。。

日記、ねぇ。なにかヒントがあるのかな~~

 

曲の語り手に疑問を持てばこの「日記の日」というのが割と重要になってくるのではと思ったりするけれど、

自分が伊藤計劃のハーモニーを呼んでいるせいで浮かぶ設定な気がしなくもない。

語り手は機械であり、音声パスワードによって話し始める未来的な読み物、、。

さすがにSFがすぎるか。というより伊藤計劃がすぎる。

パスワードの答えとは離れてしまうしね・・。

 

んん。恋人の日も日記の日も深読みにしては押しが弱いし、

たぶんもっとうおおってなる何かが隠されているはず。

はやくネタバラシして。

レーベルすら変わってるけどこのタイミングでネタバラシして。(無茶言うな)

お渡し会などが開催されたら直球で聞いてみたいけど今さら過ぎて失礼な気もするし本人からは応えられないことかもしれないしな~(お渡し会またしてほしいなー)

 

2つ目の体温35.4℃っていうのはあなたが女性であることを示唆しているんじゃないかなと思うんだけれど、

まあ・・低体温症だよね・・。(笑)

 

体温がパスワードっていうのは、夜の、いわゆる消灯(スリープ)の意味かな。

たぶん本当にそれがパスワードってわけじゃなくて単純にあなたが眠り空白の時間スリープ状態になることへのメタファーだろうけど。

 

ここでの「僕は起きる」はそういうことかもしれない。

最初の「Wake up」が初起動。

ふたつある目覚めのワード、言葉を変えたのは細かい内容の差別化かもしれないな・・

「愛の音を目覚ましに」スリープはあなたの起きた時の音で解除されるようです。優秀アンドロイドくんですね。一人だけずっと寝てたりしないね。

 

 

パスワードの謎は解けていないけれど長々と書いてしまった

歌詞に物語性があると歌う本人が作詞していなくてもいろいろ考えて苦しくなってしまうし、普通に泣いてる。

面白い歌詞をありがとうございます。

 

曲をたどりながら、じゅんじゅん作詞しないのかな~なんて思ったり。

そもそもの本業が大忙しだから書く間がねえよって言われればそうだろうとは思うけれど。

どんな言葉が出てくるのか、見たいような見たく無いような。

 

もちろん世に出回ってる曲すべて書いた人のノンフィクションだとか本心に触れられるものだとか思っておりませんけれど、

生まれる言葉のヒントはその人の日常のあれやこれでしょうとは思っている。言い回しなんかだったりね。

 

作詞してくれたらもうばらっばらに分解して飲み込みたいです。(キショい、やめろ)

御本人、分析されたり本音をばらされたりするのを笑いながら嫌がるタイプですので(?) 読みにくい人だとは、思うけれどね。

 

他にも聞いてて物語性あって面白いなー(と同時にしんどいなー)と思う曲がフライングドッグさんの頃のアルバムにはいろいろあって、

割と聞きながら涙目になっています。

ウォーキングマシンに乗って走りながら泣いてる。(完全にヤバいやつ

 

 

腐女子がProgrammeを受け曲扱いしてたけれど、

舞台設定で言えばアナザーキスの方が男同士で捉えられる気がするしこっちの方が焦がれる受けじゃないかな、知らんけど(適当)

 

あとは心は君の影になりにきがしんどくて、

プレミアムラブソングで妄想がはかどった。(ゴミ)

 

レーベル移動してるからフライングドッグ時代の曲について大声でしゃべるのどうなのかなと思いつつも、

思いが溢れてしまうので書き起こしました。

本人どう思っているのかな。

これも聞いてみたい。(聞いてみたいことがどんどん増える

 

ちなみに最近ずんさんの曲以外にもこんなのも聞いてます

 

 

 

 

エド・シーラン

 

 

止まらないので蛇足中の蛇足まで。

 

続きを読む